マーケティング

スティーブンコヴィーの7つの習慣の「第6の習慣」を深掘りしてみた

ながし
ながし
こんにちは!
ブログ起業アドバイザーのながしです!(⇒プロフィール

今回は、スティーブンコーヴィーの7つの習慣の「第6の習慣」

に関してです。

「相乗効果を発揮する」

というものです。

【動画にしました↓↓】

ちなみに、

第1の法則はこちら
第2の法則はこちら
第3の法則はこちら
第4の法則はこちら
第5の法則はこちら

具体的には、

  • 妥協案でなく相乗効果を生み出す第3案を生み出すべき
  • 相手を信頼し協力関係になれば相乗効果は倍増する
  • 反対派ともうまくコミュニケーションを取って粘り強く接する

 

妥協案でなく相乗効果を生み出す第3案を生み出すべき

内容をまとめると

A案とB案で意見を出した時に、

妥協案であるC案を出すのではなく、

さらに発展させたD案を出すべき。

という考えである。

妥協案のC案がダメな理由って

妥協案は、お客様の利益になっていないからだと。

C案という妥協案でなく、D案というより発展的な内容の方が、

クリエイティブだし、お客様の利益にはなるね。

これから法人の新規開拓営業する予定なので、

この提案の質は、気にした方がいいね。

相手を信頼し協力関係になれば、相乗効果は倍増する

内容をまとめると

共同作業の効果は、コミュニケーションの度合いで変わってくる。

表面的なコミュニケーションだけを取っていると、

  • お互いに損しないでおこうと考えたり
  • 逃げ道を確保しておこうと無難なことを言いがち

しかし、相乗効果を生み出す深いコミュニケーションはどうか?

  • 互いに信頼し合い
  • 深く理解して協力し合おう

と思っていると、

深く議論しその結果、創造的な案や制作物ができやすい。

なんだかんだビジネスは相互理解・信頼関係が大事

お互いにできることを、深く理解して協力し合う

それがビジネスで、うまく行くコツだと思う。

最近参加した交流会でいい出会いがあった。

その交流会は、あくまで軽いノリでお互い友達になって、

協力できることはしよう的なノリでした。

まずお互いのことを理解して色々話せた。

その結果、その後お仕事の話が2件もきました。

反対派ともうまくコミュニケーションを取って粘り強く接する

内容をまとめると

何かを実行しようと思っている時でも、

反対派や障害はたくさん存在する。

でも、その障害や反対意見とうまく付き合って、

相乗効果を出せる、いい案を出せるようにしておこうという内容だ。

起業は失敗するのが当たり前

起業する上で、必ず障害はたくさんある。

最初はうまく行かないことも非常に多い。

わたしも失敗だらけw

出した広告で、1件も反応が無かったことなんてザラにあるw

また、行動するのが怖いこともある。

でも、起業でうまくいくコツは

  • 大量行動
  • 覚悟

だと。

様々な障害が現れるけど、

実は、神様に

その困難が、乗り越えられるかどうかが試されているんでしょうね。

  • 障害を乗り越えれる精神力
  • 行動しまくれる無鉄砲さ
  • 馬鹿さ加減

これらも、

起業で成功するために重要なこと何だろうと思いますね。

まとめ

以上より、第6の習慣は、

  • 妥協案でなく相乗効果を生み出す第3案を生み出すべき
  • 相手を信頼し協力関係になれば相乗効果は倍増する
  • 反対派ともうまくコミュニケーションを取って粘り強く接する

ということでした。

LINE@で個別アドバイスをGETしましょう!
期間限定で、今だけ無料開放中です。
友だち登録して、気軽にご質問ください。

友だち追加

ID検索からも「友だち登録」ができます
LINE ID
↓↓↓↓↓↓↓↓

@iiy0783q
「LINEを起動」→「友だち追加」→「ID検索」
※「@」をつけて検索してください。