マーケティング

【日本刀】デアゴスティーニのマーケティングの仕組みが予想以上に完成されていた

こんにちは。

ながしです。

みなさんデアゴスティーニって知っていますか?

 

図鑑など、コレクター魂をくすぐるような本をたくさん出している出版社です。

前々から気になっていたので、実際に図鑑を買ってみました。

買ってみて感想は、

予想以上に完成されたマーケティングの仕組みに感動した!

ということでした。

さらに、コンテンツも超面白かったです。

なんとなく日本刀に関する図鑑を買ってみた

本屋にたまたま陳列してあったので、適当に日本刀に関する本を買ってみた。

値段が200円と安すぎるw

男にとって、剣とか刀って一種の憧れの対象だと思う。

小学校の修学旅行で京都で謎の刀とか木刀買ったでしょ?

あの記憶を思い出してしまったw

日本刀を軸に展開する記事の切り口が超面白い

  • 日本刀を軸にした歴史(坂本竜馬暗殺事件の話など)
  • アニメ(刀剣乱舞など)
  • 日本刀作成の技術

などなど。

深すぎるw

自分はRPGとか好きだったので、

RPGではだいたい武器に刀の名称が使われている。

  • 正宗
  • 虎徹

とか。

読んでで、聞いたことあるな〜と懐かしくなったw

ゲーム後半で出てくる強い武器でした。

全部で100号も続くw

2号目以降は1冊600円。

毎週送られてきて、100号まで継続すると、

全部で60,000円も支払うことになる。

よく考えると、まあまあ高額ではある。

ちなみに

お客様1人があなたの商品に関して、

使うお金のトータル額を生涯顧客価値(LTV)と呼びます。

例えば、今回100号まで継続して購入すると

LTV=60,000円となります。

初回200円の意味

初回がなんと200円。

初回とりあえず購入していただいて、お客様との接点を作る。

これは、マーケティング的に、

フロントエンド商品と呼ばれている。

例えば、

健康食品の無料サンプル

など。

フロントエンド商品に関してはこちら。

徹底的に初回は安く、無料にするというが鉄板路線。

このフロントエンド商品を売って、その後の高額商品の販売に繋げるという手法は、

多くの儲かっている企業で採用されている。

なお個人的に、フロントエンド商品は、

100円でも200円でもお金をいただいた方がいいと考えています。

完全無料でやると、

  • 途中で飛んで連絡が取れなくなる人
  • なんでも無料でほしいというクレクレ君

が発生する確率が高いから。

購入を継続した人には特別プレゼントが

継続の特別プレゼントとして、

ミニュチュアの模造刀をプレゼントしてくれる。

あくまで35号まで購入しないともらえない。

地味に継続して、購読させる仕組みがあるのがすごい。

このプレゼントのおかげで、継続する人が数パーセント増えたらLTVは爆上がりだろう。

さらに模造刀まで別売りで売る商魂たくましさ

25,000円で模造刀をオプションで買える。

しかも、期間限定で買えると焦らせているのもうまい。

25,000円が一発でも決まればそのお客様のLTVが一気に上がる。

仮に創刊号200円だけ購入して、

模造刀25,000円を購入したら、合計で25,200円お金を使っていただいたことになる。

全部で100号送らなくても、かなり儲かる仕組み。

デアゴスティーニはビジネスのキモ

ちなみに、このデアゴスティーニの日本刀図鑑は、

どこかの歴史の教科書に載っている情報を、

まとめ直したものにすぎない。

情報自体に価値はなく、情報を体系立てたものに人は価値を感じるということがわかる。

これでお金をいただけるんだ!

という、いい気付きになります。

まとめ

以上より、

デアゴスティーニは、

  • 継続させる仕組みがすごい
  • LTVが高め
  • 情報発信ビジネスそのもの

ということでした。

LINE@で個別アドバイスをGETしましょう!
期間限定で、今だけ無料開放中です。
友だち登録して、気軽にご質問ください。

友だち追加

ID検索からも「友だち登録」ができます
LINE ID
↓↓↓↓↓↓↓↓

@iiy0783q
「LINEを起動」→「友だち追加」→「ID検索」
※「@」をつけて検索してください。