情報発信ビジネスの概要(VOL1):ビジネスモデルや集客ファン化のキモ

こんにちは。ながしです。

今回は前々からご要望の多い、

情報発信ビジネスに関して、まとめた記事です。

なお、

ここに書いてあることを読んで、役に立った!

と気持ちよくなっただけだと、100%成功しません。

まずは、アウトプットすることが大事です。

↓動画の方がわかりやすいので、動画を観てください。

情報発信ビジネスとは、そもそもなに?

情報発信とは、

「特定の理想や目的に向かって走るコミュニティを作ったり、運営すること。」

そして、「そのコミュニティのリーダーになりメンバーを、理想へ導くこと。」

です。

例えば、あなたが断食を実践して健康になる。

という特定の理想や目的をもった、コミュニティを作ったとします。

あなたは、そのコミュニティのリーダーになって、

  • コミュニティのメンバーみんなで、身体に優しい食事に関する勉強をしたり
  • 健康になるため、メンバーの断食実践をサポートして成功させたり。

その結果、今よりメンバーのみんなが、

断食を通して、健康になり人生ハッピーになる。

そのように、みんなを導くのがあなたの仕事です。

ここで注意なのが、

今流行りのオンランサロンを作れ!

というわけではありません。

コミュニティという繋がりは、別になんだっていいのです。

例えば、あなたがブログを運営しているとします。

そのブログのコメント欄に、コミュニティのメンバーから質問があれば、

それに回答してあげる。

こんな感じの、ブログ内で繋がるのもコミュニティ運営と言えます。

ビジネスモデルは?

特定の理想や目的を持ったコミュニティを形成して、リーダーになると言われても…

まず人が集まらないと、コミュニティもできません(笑)

先ほどの断食を例にしますと。

まず

  • 断食ノウハウに興味を持っている人

を、集める必要があります。

では、自分の断食ノウハウに興味のある人を集めるために、

何をすればいいのか?

具体的な流れをいうと

  • 集客して(Twitterだとフォローさんを増やすこと)
  • その後、ファン化する(自分の発信にすごく興味がある。メルマガやLINEに登録してくれるレベル)
  • 次に、自分のコミュニティへの参加権や商品を購入していただく
  • さらになんでも買ってくれるリピーターで、VIPなお客様に育てあげる

という流れでビジネスが進んで行きます。

集客とファン化が特に大事

これが情報発信ビジネスをする上で、

かなり重要なポイントになってきます。

大半の人はこれらのどちらかができず、

いつの間にか消えて行きます。

集客は、

  • Twitterでいうフォロワー数を増やす
  • YouTubeのチャンネル登録者数を増やす
  • 交流会で名刺を配って仲良くなる

ことです。

とりあえず、自分のことを知ってくれて見にきてくれている人々を増やす。

これが集客です

お客様との関係性はかなり薄いです。
(ここ大事!フォロワーをただ増やすのは意味がない理由)

集客したら、次はファン化させることが次のステップ。(集客→ファン化)

ファンは、あなたの発信に興味があって、毎日何かしらのリアクションをくれる人のこと。

もっというと

  • メルマガに登録してくれる
  • LINE@に登録してくれる。

という層です。

こちらから積極的に通知を送って、

コミュニケーションを取れる層をファンと定義します。

集客→ファン化。

この集客→ファン化の間にかなり深い溝があります。

集客やファン化のための発信内容は?

情報発信と言われるわけなので、

発信して伝える内容はどんなのがいいのか?

それは、あなたの最終的に販売したい商品の断片を伝えること。

しかも、出し惜しみなく全力で伝えることです。

なぜ全力でやるべきなのか?に関しては、

もっと後半でお伝えする信用経済という概念が、関係しています。

要するに、出し惜しみすると

あなたに対する信用度が上がらず、その結果商品が売れないからです。

さて、話を戻して…

例えば、この記事で例に出している断食の情報発信ならどうするか?

最終的に断食サポートというコンサルティング30万円。

これを、販売するとします。

わたしなら、

  • なぜ断食すると健康になるのか?
  • 小麦粉が腸へ及ぼす影響
  • スーパーで買う安い醤油は危険な理由
  • 断食の準備食としてオススメな食事メニュー

などを発信します。

そうすると、

  • 断食で痩せたい、健康になりたい人が集まり(集客)
  • さらに、あなたの発信にすごく興味を持ってくれるファン増える(ファン化)

これでOKなのです。

発信の手段にこだわってはいけない!youtubeがいいわけではない。

ここで、よくある質問は、

youtubeを始めて、発信した方がいいのでしょうか?

というもの。

最近

  • イケハヤさん
  • マナブさん

が、

これからの時代は動画です!

YouTubeを始めましょう!

と煽っています。

彼らは、

YouTubeを使った発信に関する教材を売っているのでw

煽った方が儲かるからです。

確かに情報発信の手段として、動画はマストなのですが…。
(動画を垂れ流しても、通信料を気にしなくていい時代がきているので→いわゆる5G)

しかし、ちゃんと目的から考えていないので、

とりあえず動画をやればいいという考えは、危険です。

というのも、

  • あなたの発信内容を受け取るお客様が、観ている媒体か?
  • あなたの売りたい商品とマッチする発信媒体か?

をしっかり吟味し、

発信の手段を検討した方がいいからです。

例えば、

筋トレをメインに発信するなら。

Twitterよりも、筋トレの動きを伝えやすい動画を使った方がいい。

わたしのようなビジネス教育系なら、

  • Twitter
  • ブログ

で、テキストベースで伝えるだけで割と十分です。

インスタを使用しても、全然映えることはありませんw

だから、わたしはインスタをやらない。

または、老人向けの健康食品などの情報を発信するなら、

老人の集まる媒体で発信しないとダメ。

  • 新聞広告
  • 新聞の折込チラシ

で伝えるべきでしょう。

さらに、建築会社や不動産会社を相手にする場合なら、

いまだにFAXDMが有効だったりしますw
(結構古臭い業界なので)

以上より、

  • 売りたい商品から逆算
  • 自分の想定しているお客様に届く、発信媒体を使う。

これさえ守れば、なんでもOKです!

この記事を読んだ人が次にやるべき行動

こちらのLINE@で

学んだことをアウトプットしてください。

>>LINE@<<

インプットとアウトプットを同時にやると、2倍成長します。

アウトプットしていただいた方には、

特別に

「あなたの情報発信に関するお悩みを解決する動画」(有料でお渡ししている動画)

無料で配布いたします。

それでは、こちらからのLINE@から、

アウトプットお待ちしています↓

【LINE@はこちら】

質問も随時受け付けています。

質問や疑問をいただいたら、

次のVOL2でその意見や質問を反映して作らせていただく可能性もあります。

リアルな声を反映したいので。