プログラミング

[意外と知らない!?]プログラミングをやるならmacを選ぶべき理由

これらから、プログラミングを始めたい!と思っていませんか?

プログラミングをする際に買うパソコンのOSは、Windowsかmacがいいのか?

結論をいうと、macをオススメします。

なぜなら、

・アプリ開発をやりやすい

・性能が高い

・見た目がかっこいい

・WEB系の開発では、マストなくらい使われている

からです。

macをプログラミングで使用するメリット

直感的な使用感

macはとにかく感覚的に操作が、できるのがいいです。

Windowsみたいに、コントロールパネルを開いて色々触ったり・・・など、面倒な難しい操作はあまりありません。

Apple社がこだわり抜いて、徹底的にユーザーにストレスを与えないように、美しくいろんな機能が設計されています。

見た目がおしゃれ

スターバックスとか、カフェでmacを開いて作業する・・・なんだかドヤれる(笑)と思いませんか?

macを持って作業していると、すごくクリエイティブな感じのクリエイター風装えます。

なので、形から仕事道具から入るっていう方にはいいかもしれないですね。

ハイスペックでスムーズに使える

macシリーズの機能は、かなり性能が高い商品が多めです。

WindowsのハイスペックPCが、 macとイコールです。

WEBアプリの開発ではほぼマスト

最近、流行りのRubyとか、Pythonとか。

WEB系の言語をやっている開発では、ほぼほぼmacを使用しています。

アプリやWEBサービスを作りたい!と思ってWEB系の言語を学ぶなら、macを使用しないとそもそも土台に立てないカモです。

WEB系の開発をやっている企業のインターンやアルバイト、もしくはWEB系言語の勉強会でも、ほぼほぼmacユーザーばかりですからね。

Windowsをmacの中で動かせる

macのパソコンの中で、WindowsのOSを仮想的に入れることができます。

つまり、macのパソコンでWindowsで使うアプリなどが、動くかどうか?を試すこともできるんです。

ということは、macを持っているとわざわざWindowsのPCを買って、アプリがWindowsで動くかをテストする必要が無くなります。

macのデメリット

値段が高い

macを販売するApple社は、パソコンの値下げをほとんどしません。

だいたいMacBook AirというMacBookの一番安いのでも、最低10万円以上はします。

中古の macで5年くらいシリーズが古い物でも、安くて数万円という程度の値引きです。

なので、割高だな・・・と思いながら、ほぼ定価で買わされることになります(泣)。

また、Apple社が提供するApplecareという保証も加入するとさらに値段が跳ね上がる・・・。

それだけ、Apple社が提供する商品はどれも質が高いので、文句は言えません。

ただ、現在無職とか、学生さんにはきついですね・・・・。

メモリを増やせない

今持っている macのメモリが8㎇だった場合、もっと16㎇に増やしたいと思っても・・・。

メモリを増やせません。

なので、 macは拡張性がないとよくユーザーに言われます。

後から、色々と付け足したい!と思う人には不便なPCが macです。

ゲーム開発では使えないことが多い

ゲーム開発やVR開発では、ほとんどWindowsが使用されているようです。

なので、このような開発エンジニアになりたい場合はWindowsを買いましょう。

WINDOWSのメリット

値段が安いのも買える

macは最低でも10万円くらいします。

一方、Windowsは安くて3万円から上は20万円くらいまで幅が広いです。

本当にお金がなくてという場合、安いパソコンを買う選択肢もとれますね。

ただ、本気でプログラミングを勉強して、仕事にしたいなら仕事道具にお金をかけるのは必然です。

ですから、最低でもパソコンには10万円は使いましょうね。

種類が多い

値段の幅が広いのと同様に、かなりいろんな種類のパソコンがあるのがWindowsです。

macは、基本的にMacBookとかMacBook Air、MacBook Pro、iMac 、MacBookくらいしか選べません。

自分でカスタマイズできる

macは、必要に応じてメモリを増やすことはできませんでした。

しかし、Windowsのパソコンはメモリを増やすのは、自由で上限はありません。

ゲーム開発やVR開発のメインマシン

ゲームやVR開発は、Windowsがメインマシンで使われていることが多いです。

それと、言語としては、VBA、C言語系、などはWindowsで開発する方が開発しやすいです。

Windowsのデメリット

アプリ開発は制限が多い

Apple社のiphoneで使用するアプリの開発は、Windowsではできません。

また、Apple社が開発したプログラミング言語である、SwiftというのもWindowsでは開発できません。

不要なソフトが多くてパソコンが重くなる

みなさんも経験ありませんか??

Windowsって、全然使っていない不要なソフトがたくさん入っている・・・。

この不要ソフトのおかげで、開発するときのパソコンの動きが重くなったりすることがあります。

macならmacbookProがオススメ

macシリーズのパソコンを買うなら、mac bookProを買いましょう。

なぜなら、

・mac bookAir、mac bookだと今後、しっかり開発したいときにスペック不足になる可能性がある

・持ち運べるノートパソコンであること(デスクトップ型のiMacは持ち運べないし、自宅で作業や勉強は飽きるのでオススメしない)

・性能が高いので、高くても数年使えば元が余裕で取れること

からです。

ただ、予算がなかっわたしは、mac bookAirを買いました(笑)

メモリは16㎇でした。

実際に使ってみて、Rubyとかのいわゆるそこまで重い作業をしない「スクリプト言語」だと、Airでも全然大丈夫な気がします。

LINE@で個別アドバイスをGETしましょう!
期間限定で、今だけ無料開放中です。
友だち登録して、気軽にご質問ください。

友だち追加

ID検索からも「友だち登録」ができます
LINE ID
↓↓↓↓↓↓↓↓

@iiy0783q
「LINEを起動」→「友だち追加」→「ID検索」
※「@」をつけて検索してください。