マーケティング

前田裕二さんのメモの魔力【第1章:メモで日常をアイデアに変える】を深掘り

ながし
ながし
こんにちは!
ブログ起業アドバイザーのながしです!(⇒プロフィール

今回は、前田裕二さんの著書

メモの魔力に関して。

第1章の「メモで日常をアイデアに変える」

という部分について。

【動画にしました↓↓】

ここが本書のコアな部分なので、深掘りしたい。

第1章をざっくりいうと

  • 知的生産のためにメモは必須
  • 知的生産メモのためには、フレームワーク(具体→抽象→具体の考え)をマスターすべし

という内容。

以下では詳しくみていきます。

メモは単なる記録ではない

メモと聞いて、

大半の人は、作業の記録という認識でいる。

例えば、

人から指示された作業を、間違いなくやるためにメモを取るとか。

しかし、前田さんのおっしゃるメモを取るとは、

記録ではなく、

よりクリエイティブな発想をするための、

知的生産のためのメモのことだ。

知的生産とは、

単純作業ではない、AIに代替されにくい、

アイディアに付加価値を付けたり、

人間でないとできない作業のこと。

知的生産メモを取ることで起こる5個のこと

知的生産メモを実践することで

  • アイデアを生み出せるようになる
  • 情報を素通りしなくなる
  • 相手のより聴き出せるようになる
  • 話の枠組みを把握する能力が増す
  • 曖昧な言葉を言語化できる能力が増す

というメリットがある。

知的生産メモのフレームワーク

知的生産メモをするためのフレームワークが存在する。

それは、

  • 事実をピックアップする
  • それを応用可能なくらいに抽象化する(公式化する)
  • さらに自らの行動に転用する

これだけだ。

大阪人におまけをつけるとよく売れる話

本には、大阪の人に、チラシなどにおまけの飴をつけると、

たくさんの人が受け取ってくれるいう事例が載っていた。

東京よりも大阪の方が、飴付きのグッズは3倍反応がいいのだそうです。

そこから、大阪人はオマケに弱いのでは?という仮説が立ちます。

さらに、

大阪人はわかりやすいメリット訴求に弱いのか?

という仮説も立ちます

こんな感じで抽象化していきます。

さらに、前田さんは、

SHOWROOMに転用できないか?という視点でも書いています。

わかりやすいメリット訴求に弱いなら、

SHOWROOMにもっと課金してくれるはず。

でも、大阪の人は課金率が低い。

しかし、面白いものにはしっかりとお金を払う文化がある

例えば吉本新喜劇とか。

ということは、面白くてわかりやすいメリットがある場合なら、

大阪人はお金をバンバン使うのでは?

という仮説もたつ。

わたしが実際にフレームワークを実践してみた

最近、法人向けにWEB集客コンサルティング業をやろうと思っている。

実際に、すでに事業としてやっている人の話を色々きいてみた。

ファクトベース

法人営業では、まず決済権者とどう知り合うのか?

集客に関してがかなり難しい。

うまくいっているorうまくいっていない事例を列挙すると、

  • iタウンページからリストを取って、テレアポをすると5%くらいの確率でアポイントできる
  • 異業種交流会などで知り合って、そこから仲良くなって集客コンサルを営業する
  • 商談は直接会った方が成約率は高い
  • 集客コンサルを営業するにも、まず何かしらアピールできる数字を作ることが大事
  • 飛び込み営業は全くアポイントに繋がらない
  • 一社コンサルをして、その後紹介で仕事が増えていく。
  • 手書きで手紙を書いて、その手紙が届いたかどうか確認の電話をする

というもの

抽象化ベース

iタウンページからのテレアポリスト

→これって、HPを載せていない事業者が載せている。ということは、ITに疎い。

ITに疎いお客様ということは、

こちらの話も聴いてくれる可能性が高まるのでは?

という仮説が立つ

異業種交流会などで知り合って、そこから仲良くなって集客コンサルを営業する

 

商談は直接会った方が成約率は高い

→これは、法人ほど契約に慎重なことの示唆。

リアルな繋がり、信用の大きさや信用の有無を非常に重視している。

集客コンサルを営業するにも、まず何かしらアピールできる数字を作ることが大事

→やはりお客様は実績をすごく重視している。

転用ベース

自分の場合に適用するなら?

人は信頼関係のない人に仕事を発注したりしない。

特に法人の場合は、決済権者は非常に慎重。

信頼関係の構築のために、まずは普通に友達になる方がいいはず。

そのためには、コミュニティに入る方がベスト。

ということで、わたしはToBの営業の一環で、商工会議所に入ることになった。

そこに所属していることで、一定の信頼はえられる。

受注に繋げやすくなる。

また、iタウンページの事例から、客層を絞ることが大事とわかる。

わたしのコンサルを受けたい、上場企業は残念ながらいない。

なので、事業規模が30人弱くらいの小規模事業主がターゲットだ。

これってナンパとかでも同じで、自分が相手にしてもらいやすい層をしっかりとターゲティングして、

客層を絞ることが大事であることがわかる。

まとめ

以上より、前田裕二さんのメモの魔力をまとめると、

  • 知的生産のためにメモは必須
  • 知的生産メモのためには、フレームワーク(具体→抽象→具体の考え)をマスターすべし

ということで、自分の場合に適用するとすごくクリエイティブな発想が生まれる!

ということでした。

LINE@で個別アドバイスをGETしましょう!
期間限定で、今だけ無料開放中です。
友だち登録して、気軽にご質問ください。

友だち追加

ID検索からも「友だち登録」ができます
LINE ID
↓↓↓↓↓↓↓↓

@iiy0783q
「LINEを起動」→「友だち追加」→「ID検索」
※「@」をつけて検索してください。