マーケティング

【前田裕二さんのメモの魔力応用シリーズ1】恋愛ナンパの事例をビジネスに転用してみた

ながし
ながし
こんにちは!
ブログ起業アドバイザーのながしです!(⇒プロフィール

前回、前田裕二さんのメモの魔力を取り上げました。

あわせて読みたい
前田裕二さんのメモの魔力【第1章:メモで日常をアイデアに変える】を深掘り 今回は、前田裕二さんの著書 メモの魔力に関して。 第1章の「メモで日常をアイデアに変える」 という部分について...

メモの魔力の重要な考えは、

  • 知的生産のためにメモは必須
  • 知的生産メモのためには、フレームワーク(具体→抽象→具体の考え)をマスターすべし

今回は

知的生産メモのためには、フレームワーク(具体→抽象→具体の考え)

これを、今回わたしが体験した事例に適用してみます。

【動画にしました】

知的生産のためのフレームワークとは?

  • 事実をピックアップする
  • それを応用可能なくらいに抽象化する(公式化する)
  • さらに自らの行動に転用する

この3ステップのことだ。

恋愛の事例をビジネスに応用して考える

事実のピックアップ

わたしの周りでナンパが好きな人が多いです。

そして、ナンパが得意な人は例外なくビジネスをうまく軌道に乗せれている。

彼らが言っていることはこうだ。

  • 自分のキャラや見た目が刺さる女の子がいるので、そこを狙うべき
  • ゴールがセックスなら、しっかりとスクリーニングをしてアポを取ったり声かけをすべし
  • とにかく1年間は諦めずにネットナンパなり、ストリートナンパを継続して数を打つべし
  • 最初から美女は抱けないので、最初はブスでも女慣れのために抱くべき

抽象化・公式化すると

自分のキャラや見た目が刺さる女の子がいるので、そこを狙うべき

これは、要するに自分のやり方にがっつりハマる、

そういう女性を探そうということです。

例えば、あなたがSキャラだった場合、

Mで依存体質で自己肯定感の低めな、

服装がチグハグな20代半ばくらいのややメンヘラ気味の女性が

ターゲットになるかもしれない

さらに抽象化すると、

お客様の層、いわゆるターゲティングをしっかりしろという事実がわかる。

誰でもいいや

は誰にも刺さらない。

徹底的にターゲットを狭めて、

深く狭くアプローチすることが大事なのだ。

ゴールがセックスなら、しっかりとスクリーニングをしてアポを取ったり声かけをすべし

スクリーニングとは、要するにふるいにかけるということ。

最終ゴールがセックスなら、

セックスさせてくれる可能性の低い女性とは、

後日アポしたり、居酒屋で飲んだりなどの行為をしないのだ。

まあ、セックスなしなのに一方的に奢るのは、男性からしたら馬鹿らしい行為なのでw

この事実からわかることは、

最終ゴールを意識してしっかりと事前準備をするべき

ということ

とにかく1年間は諦めずにネットナンパなり、ストリートナンパを継続して数を打つべし

とにかくナンパは1年間くらいは結果が出ずとも諦めずに継続することが大事らしい。

大半の人は、わずか数ヶ月で

結果が出ない、ナンパなんて無理ゲーと諦めていくらしい。

しかし、継続して最低1年は継続すると、

周りが脱落していった分、競争がなくなり勝手に勝てるようになる。

簡単には諦めない。最初は数打ちでもいいのでとにかく行動すべき。最初は結果にこだわりすぎない。

ということがわかる。

最初から美女は抱けないので、最初はブスでも女慣れのために抱くべき

これは、まさにこの通りだ。

非モテでイケていないあなたが、

最初からモデルや芸能人並みの容姿を持った人を、

抱けるわけないw

最初は女性なれのために数打ちして、経験を積むべき。

これからわかることは、

とにかく最初信頼を得るためにプライドを捨ててなんでもやるという

捨て身マインドで行動するべき。

ということです。

ビジネスに転用する

徹底的にターゲットを狭めて深く狭くアプローチすることが大事

商売をやる上で、誰の悩みを解決して、どういう理想へ連れていく商品なのか?

そういうことが明確である必要がある。

よく言われるペルソナというものだ。

ペルソナ例として、

23歳のITエンジニアで、毎日満員電車に乗って客先常駐先で仕事をしている。

残業はないものの、会社の歯車になってしまった感があって精神的に辛い。

現場や会社特有のスキルしか身につかず、今後の人生が不安だ。

また、大学中退の学歴しかないのも個人的にはコンプレックス。

という具合に絞りまくると、

具体的なお客様像が明確になってくると思います。

最終ゴールを意識してしっかりと事前準備をするべき

ビジネスにおける最終的なゴールはなんでしょうか?

お客様の悩みを解決してあげて、理想の未来に連れていってあげること?

もしくは、契約を取ること?

わたしは、前者の理想の未来に連れていってあげること。

これだと思います。

理想の未来に連れていくために。。。

お客様との信頼関係が強固なものでなければなりません。

また、お客様に提供する商品の質がいいものであることも前提です。

ということは、事前準備として、

  • 信頼関係を損なうような嘘、雑なサービスは提供しない
  • 商品をいいものにするために、経営者は日々自己投資をして勉強を怠らない

こういうことがわかります。

簡単に諦めない

とにかくビジネスは、数打ち勝負。

行動力があるバカが勝つと言われている。

とにかく手数の多さ。

それしかないです。

なので、簡単に諦めないことはビジネスにおいて超大事。

最初からプライドを持って行動しない

 

ビジネスを開始した当初って、

え、こんな安い仕事やりたくねー

とかそういう謎の高飛車な意識高い系になりがちw

しかし、最初から高い単価の仕事は来ません。

なので、地道に最初は信頼を獲得するために安い仕事をこなす。

そこから徐々にいい単価の仕事を紹介してもらう。

そんな流れもいいと思う。

まとめ

  • ナンパノウハウは、ビジネスに余裕で転用できる。
  • 前田裕二さんのメモの魔力すげえ

ということでした。

LINE@で個別アドバイスをGETしましょう!
期間限定で、今だけ無料開放中です。
友だち登録して、気軽にご質問ください。

友だち追加

ID検索からも「友だち登録」ができます
LINE ID
↓↓↓↓↓↓↓↓

@iiy0783q
「LINEを起動」→「友だち追加」→「ID検索」
※「@」をつけて検索してください。