マーケティング

白浜や三重の南紀へ旅行に行って熊野古道ビールを飲んでみた。地酒ビジネスについての考察

こんにちは。

ながしです。

先日、三重県の南紀あたりと、和歌山の白浜に家族で旅行に行きました

マーケティング的にネタにできることを探していたのですが…

なかなか面白いネタがなくて苦戦しました。

ですが、熊野あたりで有名な地ビールやチューハイに注目しました。

  • 熊野古道ビール
  • 三重の南紀のレモンを使ったチューハイ

です。

すごくフルーティーで、ドイツビールっぽい

飲んでみて、

バーで飲んだことあるビールだと感じた。

あまり日本人に好まれているスーパードライのような、

食事に合う感じのビールではないかも。

なぜわざわざ人は、観光地で地ビールを買うのか?

熊野古道ビールって通販で買える。

しかし、なぜ観光地でビールを買ってしまうのか?

地ビールとは、地元で生産されたもので、地元を盛り上げる性質のもの。

地ビール好きな人は、

いろんな観光地のビールを飲み歩いており、

そういう地ビール飲み歩きという趣味の人もいるらしい。

コレクターというか。

最近流行りの御朱印集めや

スタンプラリー的なものと同じ匂いがした。

人は不完全性を嫌う。コレクター魂を利用してビジネスをしている例

地ビールのように、地元のビールの飲み歩きが好きな人。

こういう人ってコレクターだと思います。

記念に缶を保管したりしているようです。

こういう、コレクターの心をうまく利用して、

ビジネスをしている事例はたくさんある。

例えば、ディアゴスティーニ。

  • 恐竜の骨
  • バイクの模型
  • パズル

を販売していますよね。

初回は1000円くらいで、格安価格でおもちゃを購入できる。

2回目以降は3000円くらいの通常価格になる。

そして、全24回で完結するシリーズ物でして、

全部揃えると、合計で数万円の出費になる。

人は途中まで、物事を進めてしまうと最後まで完成させたいという

不完全性を嫌う傾向がある。

こういう不完全が気持ち悪いという、真理をうまくついた商売です。

あとは、アイドルグッズとかでもこの原理をよく利用しています。

よくあるのが、

  • 特別版のCD特典
  • 通常盤のCD特典

両方の特典をつなぎ合わせると、特定の文字が浮かび上がるとか。

写真になる。

というものを聞いたことがあります。

ファンとしては、同じ曲のCDでも両方買ってしまうという悪どい商売です(笑)

チューハイは地元の業者とタカラが共同で作っているようだ

続いてレモンチューハイの方を見てみる。

裏面をみますと、

缶チューハイを作っているのは、タカラ製造会社。

地元のレモン生産業者が作ったレモンを、使っている。

そして、販売しているのは、地元の販売業者という仕組み。

この製造だけ、別会社に頼むという方法は、

マーケティング的にOEM(オーイーエム)と、呼ばれています。

OEMとは?

 

製造メーカーが、他社ブランドの商品を製造することです。

今回の場合だと、製造はタカラ。

販売は地元の業者。

という形ですね。

世の中のいろんな商品は、製造だけを他社に任せている物が多いです。

例えば、以前書いた記事で、スターバックに関するものがありました。

スタバのポテチは、スタバが販売しているけど、製造はカルビーが行なっています。

まとめ

以上より、

  • 地ビールビジネスは観光地盛り上げという理由もあるが、コレクター魂に訴えかけている
  • 不完全性を嫌う心理をうまく利用したビジネスは多い
  • 世の中のかなりの商品はOEMである

ということでした。

 

 

LINE@で個別アドバイスをGETしましょう!
期間限定で、今だけ無料開放中です。
友だち登録して、気軽にご質問ください。

友だち追加

ID検索からも「友だち登録」ができます
LINE ID
↓↓↓↓↓↓↓↓

@iiy0783q
「LINEを起動」→「友だち追加」→「ID検索」
※「@」をつけて検索してください。