プログラミング

[初心者必見]おすすめのプログラミング言語6選!

この記事は、これからプログラミングを始めるあなたのために、おすすめのプログラミング言語を6個選定しています。

プログラミング言語は、慎重に選んだ方が良いです。

なぜなら、選んだ言語次第では、夢のリモートワークなんてブラックな会社に組み込まれてしまう可能性があるからです。

ですから、これからホワイトな働き方ができて、報酬単価が高くて今後も消滅しない将来性のある言語、さらに初心者にも学習しやすい言語を勉強しましょう。

1、Python

グーグルの検索エンジンや、フェイスブックなどでも利用されている言語ですね。

また、人工知能分野や、IOT(インターネットオブシングズ)、その他WEBアプリの開発などにも利用されている言語です。

特にアメリカでPythonは人気が高く、開発現場でも多く使われています。

・学習のしやすさ

Pythonはプログラミングする際のコードの塊などが、初心者の人にも直感的に理解がしやすい言語です。

・メリット

言語がすごくスタイリッシュで読みやすいです。。

なので、プログラミング初心者でもかなりとっつきやすいですね。Rubyという言語よりもわかりやすいです。

専門的な会社に就職しやすいです(人工知能の開発とか)。

・デメリット

日本の企業では、まだ流行っていない言語です。

先ほども言いましたが海外で需要が高いです。

需要が、数年後くらいに爆発するイメージです。

なので、一部のベンチャー企業以外はあまり使っていないので、求人を探すのに苦労するかもですね。

・将来性

すごく高いです。

人工知能関係の、ITエンジニアの案件はおそらく5年後くらいに需要が爆発しますね。

これから、勉強をするなら始めても良い言語の一個です。

2、Ruby

Rubyは日本人のある方が開発した言語です。

とにかく読み書きしやすいです。

爆速でコードがかけて、プログラミングできることが特徴です。

アメリカのシリコンバレーでも結構使われている、世界的な言語になっています。

・学習のしやすさ

pythonには、劣るが読み書きしやすい言語です。

また、日本人が開発したからなのか、日本でも結構学習している方が多いです。

なので、開発や学習途中でグーグルで検索した時に、日本語での解説記事を発見しやすいのもいいですね。

Javaなどの言語に比べたら、はるかに初心者にとっつき易くて習得もしやすいです。

・メリット

書いてて楽しく、サクサクアプリを作れるので気持ちいいです。

サーバー側の知識も身につけやすくて、エンジニアとしての幅広い知識スキルUPが見込めます。

アプリ、WEBサービス、勤怠管理システムなどの会社で使う業務システムなど、幅広い分野で使用されています

今伸びている言語なので、経験の浅いエンジニアでも採用してもらいやすい

・デメリット

金融機関のシステムを触るなどの、大規模開発には向いていないです。

また、大規模開発をやれる大企業に入りたい人には向いていないです。

・将来性

Pythonの次にありますね。

Rubyエンジニアのフリーランス案件は平均単価60万円くらいですからね。

3、Java

大型のシステム、例えば金融機関の支払いシステムなどを支えるプログラミング言語です。

現状で一番エンジニアの求人数は多いです。

・学習のしやすさ

初学者にはかなり難しい言語になります。

ただ、その分Javaを勉強すればRubyやpythonなど簡単な言語の理解は容易になります。

また、Javaはかなり使われている言語なので、参考にできる書籍が多く学習したい場合色んなところで学べるのもいいですね。

・メリット

プログラミング知識がしっかり身につく

大手の企業の開発に入りやすい

求人の多くはJavaであるので、仕事に困らない

・デメリット

書かなければいけないコードの数が多い

Rubyなどのようにサクッとコードを書いて、動くか確認するなどの気軽な作業が行えない。学習が単独では難しい。

アメリカでは需要が伸び悩んでいるので、日本でもどうなるかわからない。

大規模な開発を行なっている会社はブラックな会社が多いので、ブラックな会社に組み込まれて苦労しやすい(笑)

・将来性

10年後はどうなっているかわからない言語ですね。

COBOLなどの化石言語よりはマシですが、確実に求人の単価や案件数は、減るでしょう。

4、PHP

日本ではWEBサービスや、WEBサイトでよく使われている言語です。

WordPress(ワードプレス)というサイトの管理者が簡単に更新できる、HPツールなどでも使用されています。

また、レンタルサーバーなども多くはPHPで作成されています。

・学習のしやすさ

とにかく簡単でシンプルな言語です。

とりあえず、申込みフォームを作成したい、サイト内の検索ツールで記事の絞り込みができるようになりたい!と言った場合にサクッと実装できます。

また、日本でよく使用されている言語なので、ネット上にPHPの技術に関する疑問点解決情報や、書籍などもたくさんあります。

非常に学習がしやすいです。

・メリット

・学習が簡単

・WEB製作会社やデザイナー周りで需要が高い。

・デメリット

WEBサービスを作る人はあえて使わないことが多い言語。

RubyやPythonに行きたがることが多いです。

現状案件があるが、他の言語に置きかわってくる可能性が非常に高いです。

・将来性

あまりないですね。

今後需要は確実に萎んでしまいます。

Rubyなどの言語にシェアを取られてどんどん、仕事の案件単価は下がっていくでしょうね。

5、Javascript

JavascriptはJavaとは全く違います。

名前は似ているけど、全く似て非なるものです。

Javascriptが誕生するまで、WEBページは写真と文字だけで動きがありませんでした。

それを、文字に動きを出したり、クリックしようとしたら文字が大きくなったり。

そう言った、WEBの見えている部分に「動きを出す」ものがJavascriptです。

・学習のしやすさ

グーグルのクロームというプラウザだけで、動作の確認ができます。

ですので、開発しやすいですし、その開発結果をテストもしやすいです。

とても学習や開発が始めやすいです。

学習内容は、数学のちょっとした応用版みたいなイメージです。

高校の数学の方が、よっぽど難しかったイメージです。

全然楽勝なので頑張りましょう。

・メリット

・学習が簡単で始めやすい

・開発環境を準備するのが簡単

・案件数がそこそこ多い

・デメリット

Javascriptの知識だけでなく、他の知識も開発現場では要求されます。

Javascriptは、WEBの見えている表の部分であり「フロントエンド」と言われます。

Javascriptを使いこなすには、裏の見えていない部分である「バックエンド」の関するサーバーサイドの知識も要求されます。

なので、ちゃんと仕事にしてご飯を食べるにはJavascript単体ではなく、他の言語も勉強しないといけません。

・将来性

フロントエンドの知識は、今後もなくなることはありません。

ただ、HTMLCSSなどは簡単に実装できるツールもできています。

Javascriptもツールで実装できる日が来るかもしれません。

6、C言語/C++(シープラプラ)

家庭用ゲーム機や、家電やロボットなど産業や研究目的のシュミレーションに利用されることが多い。

処理スピードは早いけど、初心者には超理解が難しく困難な言語です。

・学習のしやすさ

かなり難しいです。

中途半端な理解だと、エラーやバグが連発してしまいます。

大半の方が途中で挫折する可能性の高い言語ですね。

・メリット

・難易度が高い分、他の言語を勉強するのが今後楽になる

・超高速の処理スピードのアプリを作成できる

・デメリット

・一人前になる前に難しすぎて挫折する
・独習が難しすぎる
・中途半端な理解だとエラーでつむ。

・将来性

日本の産業が有る限り、おそらく残るであろう言語ですね。

それと、ゲーム開発でも処理速度の早いこちらの言語は今後も重宝されるはずです。

LINE@で個別アドバイスをGETしましょう!
期間限定で、今だけ無料開放中です。
友だち登録して、気軽にご質問ください。

友だち追加

ID検索からも「友だち登録」ができます
LINE ID
↓↓↓↓↓↓↓↓

@iiy0783q
「LINEを起動」→「友だち追加」→「ID検索」
※「@」をつけて検索してください。