プログラミング

【第2話】ITエンジニアの実際の待遇の悪さに絶望・業界の構造にも疑問をもつ

前回の記事は読んでいただけました?

あわせて読みたい
【第1話】裕福な幼少期と大学院時代・ビジネスの仕組みを知った営業時代とプログラミングとの出会い初めまして、ナガシと申します。 現在ITエンジニアをやりながらWEBマーケティングやリアルでのマーケティングをやってビジネスの創出...

東京にいるITエンジニアの先輩に出会い、

価値あるスキルであるプログラミングスキルに出会いました。

今回は、その後の話です。

プログラミングの勉強は楽しい。しかし就活でいきなり違和感や疑問を抱き始める。

価値あるスキルであるプログラミングスキルに出会ったわたし。

早速ITエンジニアのコミュニティに入って、プログラミングの勉強をスタートさせます。

勉強は嫌いではなかったので、勉強はそこそこ捗ります。

その後、最低限のポートフォリオと呼ばれる作品を作って、

ITエンジニアとして、就職活動に望みます。

ただ、IT業界にて就活をして見ると、

思ったほど待遇がよくないことが判明します。

実務未経験者ですと、手取りで20万円も行かないことはザラでした。

すき家とかで深夜のアルバイトの方がマシなんじゃないかという待遇に、

びっくりした記憶があります。

エンジニアの業界は、スキルがそこそこ高い方には高い収入が与えられます。

しかし、未経験者には、ごく厳しい業界であることがわかりました。

就活して内定が出た会社のおっさん達が、イっちゃってた

とりあえず、何かおかしいという気持ちに封をし、

とりあえず1ヶ月間、エンジニア未経験として就活に精を出すことに。

せっかくキャリアチェンジするんだから、

もう後へはなかなか引き返せないという気持ちも結構強かったからです。

就活を1ヶ月頑張った結果、内定を2社もらいます。

いわゆる、SIERという銀行などの管理システムを作っている会社へ人を派遣している、

2次受けの下請けの会社でした。

そもそも、イケイケのWEB系企業は、東京のみに集中しています。

私の住んでいる名古屋は、

それなりに古い昔ながらのどブラックなIT企業が多く残っている地域だった。

ただ、内定もらった2社ともどこも違和感を感じます。

職場見学でも、エンジニアの方達の顔や目が死んでいるんです。

完全に目がイっちゃっていました。

睡眠不足と疲労が、身体中からにじみ出ています。

生理的にこんな臭そうなおじさんたちと、

一緒に働きたくないと思ってしまった。

客先常駐エンジニアのやばい待遇を知ってしまう

また、知り合いを広げる活動に積極的だった私。

エンジニア同士のコミュニティに入って、

フリーエンジニアの人に色々と実態を聞くことにしました。

ツイッターで知り合ったエンジニアの人に待遇などを聞くと、

客先常駐SESの待遇が、あまりよくないことが判明します。

会社によるが、環境に悪いところだと結構残業もあるらしかったのです(月40時間くらい)

また、客先で人間扱いされないなど(客先の自分のデスクがパイプ椅子など)。

ただ、もちろんいいところもあるようですが。

リモートワークエンジニアってどこの国の話や?

多くのエンジニア志望者が憧れるリモートワークなども、

一部のWEB系のイケイケ企業に限られているっぽいことが、わかり始めました。

古臭いIT企業では、そんなリモートなんて夢のまた夢見たいですね。

セキュリティの観点からあくまで客先に出向して、作業することが求められるっぽいですね。

そこで、古臭い考えとかが大嫌いな私は、

イケイケITWEB系企業の多い東京への移住をして、エンジニアになることを模索する事になります・・・。

エンジニアの不自由さに徐々に気がつき始める

私には、婚約している彼女がいました。

彼女は東京へ行くのは、当然反対です。

エンジニアになる具体的なプランも見えないままで、

東京へ移住するのは不安だったみたいです。

確かに、自分が彼女の立場ならそう思います。

また、そこまで貯金がなかった私(100万円ちょいくらい)。

東京へ行って手取り20万円くらいの給料で、

かつかつの生活をして、彼女に迷惑をかけるのはやはり憚られた。

自由が欲しい。リモートワークで東京以外の遠隔地でも働きたい。

ワークラフバランスを重視したい!・・・・。

エンジニアになってそれを実現するには、

エンジニアの業界のWEB系限定、しかもリモートをさせてもらえるような、

そこそこのスペックでが必須のようでした。

一人で何でも自分でできる人だけが、許される環境のようでした。

具体的には、最低でも3年くらいは下積みがエンジニアとして働くことが、必須なんです。

不自由さを解決するには、自分で仕事を作り出す立場になるのが早いのでは?

でも、3年の下積みも医者とか弁護士に比べたらマシですが。

ただ、すでにアラサー。そこまでやり直しはききません。

よく考えると、結局エンジニアは自分で仕事を作り出せないですし、誰かから仕事をもらう立場ですね。

つまり、仕事を出す立場の人間がビジネスや仕事では、強い訳なんです。

働く場所も東京集中で、あまり選べないです。

ただ、リモートをやる場合は別です。

働く場所や働く時間のコントロールなど、全然自由じゃない。

あくまでエンジニアは、労働者なんだな・・・。

自分の願望を実現するには、自分でビジネスをやった方が実は早いんじゃないか?って思い始めました

LINE@で個別アドバイスをGETしましょう!
期間限定で、今だけ無料開放中です。
友だち登録して、気軽にご質問ください。

友だち追加

ID検索からも「友だち登録」ができます
LINE ID
↓↓↓↓↓↓↓↓

@iiy0783q
「LINEを起動」→「友だち追加」→「ID検索」
※「@」をつけて検索してください。